FIVe3Dを始める | wszz

FIVe3Dを始める

3Dのライブラリの中でとりわけ一線を画すライブラリ
FIVe3D [ http://five3d.mathieu-badimon.com/ ]
前々から触ってみたいなと思っていたのでちょっと触ってみる事にしました。

This movie requires Flash Player 9

[特徴]
・Papervision3Dに比べ簡単に3Dを扱える。
・ネイティブな感じで書けるので敷居が低くく、大掛かりな3Dが必要で無い場合であれば使いやすい。

[ 簡単なパネルを一枚作って回してみます。 ]

まずはScene3Dでパネルを作って。

private function test3d():void {
	scene = new Scene3D()
	scene.x = stage.stageWidth >> 1;
	scene.y = stage.stageHeight >> 1;
	addChild(scene)
	var panel:Sprite3D = new Sprite3D();
	panel.graphics3D.beginFill(0xFF0000);
	panel.graphics3D.drawRect( -100, -100, 200, 200);
	panel.addEventListener(MouseEvent.CLICK , panelClick);
	scene.addChild(panel);
}

クリックイベントでくるっと回す!

private function panelClick(e:MouseEvent):void {
	Tweener.addTween( e.target , { rotationY:e.target.rotationY+180 , time:1 } );
}

うーん、簡単!
cs4を買うまでcs3で簡易に3Dを使用する場合にはベストなライブラリではないかと思うので、もうちょっと触って見ます。

気になるのは簡単に扱える分、高度なことはできなさそうで、奥行きの管理は自分でやらなきゃダメですかね。

Filed under AS3, FIVe3D · Tagged with , ,

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!

You must be logged in to post a comment.