FIVe3Dで表裏のあるパネル | wszz

FIVe3Dで表裏のあるパネル

FIVe3Dは通常、両面に塗り・テクスチャが張られるので
表と裏を別のものにしたい場合は2つのSprite3Dなり、Bitmap3Dを作成して
それを親のContainerに追加しなければなりません。

singleSided

singleSidedプロパティをtrueにして片面だけの設定にします。
さらに裏面になるSprite3DインスタンスのrotationYを半回転させて裏向きにします。

private function test3d3():void {
 
	var scene:Scene3D = new Scene3D()
	scene.x = stage.stageWidth >> 1;
	scene.y = stage.stageHeight >> 1;
	addChild(scene)
 
	container = new Sprite3D();
	scene.addChild(container)
 
	var panel:Sprite3D = new Sprite3D();
	panel.graphics3D.beginFill(0x00CCFF);
	panel.graphics3D.drawRect( -100, -100, 200, 200);
	panel.singleSided = true;
	panel.rotationX = 0;
 
	var panel2:Sprite3D = new Sprite3D();
	panel2.graphics3D.beginFill(0xFF0000);
	panel2.graphics3D.drawRect( -100, -100, 200, 200);
	panel2.singleSided = true;
	panel2.rotationY = 180
 
	container.addChild(panel)
	container.addChild(panel2);
	stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK , panelClick);
 
}

うまく表裏ができています。

This movie requires Flash Player 9

これで本をめくっていく様なビジュアルも簡単に作れそうです。


flatShaded

他にflatShadedプロパティを設定すると明度を利用した簡易陰影処理が追加されます。

This movie requires Flash Player 9

リアルな3D空間になるものとは違い
おまけ程度のプロパティの様なのでもう少し調べてみなければなりませんねー。

Filed under AS3, FIVe3D · Tagged with ,

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!

You must be logged in to post a comment.