FIVe3DのDynamicText3Dでテキスト表示 | wszz

FIVe3DのDynamicText3Dでテキスト表示

FIVe3Dの一番の売りではないかと思われる機能。
それがDynamicText3D

ペラペラのテキストを簡単に3Dとして表示することができます。
ただフォントをクラス化しなければ自分の使いたいフォントは使えないようなので
まずは標準のHelveticaフォントを使って時刻を表示してみます。

DynamicText3Dインスタンスの作成

private function typo3D():void {
	// シーン
	var scene:Scene3D = new Scene3D()
	scene.x = stage.stageWidth >> 1;
	scene.y = stage.stageHeight >> 1;
	addChild(scene);
 
	// テキスト用コンテナ
	container = new Sprite3D();
	scene.addChild(container);
 
	// テキスト
	dt = new DynamicText3D(HelveticaBold);
	dt.y = -40;
	dt.size = 80;
	dt.letterSpacing = -4;
	dt.color = 0x00CCFF;
	container.addChild(dt);
 
	addEventListener(Event.ENTER_FRAME, render);
}

毎フレームy軸を中心にまわして時間を更新する処理

private function render(e:Event):void {
	var date:Date = new Date();
	dt.text = date.getHours() + ":" + date.getMinutes() + ":" + date.getSeconds();
	dt.x = -dt.textWidth >> 1;
	container.rotationY += 1;
}

FIVe3D時計

This movie requires Flash Player 9

DynamicText3Dのプロパティはそんな多くなく、使うものは

size		// フォントサイズ
letterSpacing	// 文字間
color		// 文字色

ぐらいでしょうか。

敷居の高い3DもDynamicText3Dで簡単にテキストを表示できて
flashの楽しさアップですね。

Filed under AS3, FIVe3D · Tagged with ,

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!

You must be logged in to post a comment.