FIVe3D MovieClip3Dを使う | wszz

FIVe3D MovieClip3Dを使う

FIVe3DがFlashPlayer10版でリリースされたようです。

ソースを眺めてみるとMovieClip3Dが新たに追加されています。
MovieClip3Dは名前の通りMovieClipの3D版ですね。
今まで自分で実装しなければならなかった機能を、10版からクラスで提供されているので、さっそく使ってみました。

var mc:Mc = new Mc();
panel = new MovieClip3D( mc , null, true);
panel.buttonMode = true;
scene.addChild(panel);

表示すらしません
MovieClipは刻々とイメージが変わるので毎フレームキャプチャして3D表示しています。
なので毎フレームキャプチャ開始の合図を与えなければならないようです。

 

毎フレームキャプチャしてレンダリングする

activate()

それとは反対に、毎フレームキャプチャが必要ない場合 それを停止する機能も準備されています。


キャプチャを停止

deactivate()

MovieClip3Dの簡単な表示

private function fiveScene():void{
	var scene:Scene3D = new Scene3D();
	scene.x = 300;
	scene.y = 300;
	addChild(scene);
 
	// ターゲットとなるMCインスタンスの生成
	var mc:Mc = new Mc();
	panel = new MovieClip3D( mc , null, true);
	panel.buttonMode = true;
 
	// キャプチャするよ
	panel.activate();
	scene.addChild(panel);
}

This movie requires Flash Player 9

学習コストが低く、使いやすいFIVe3Dは
FlashPlayer10でも使えるライブラリです!

Filed under AS3, FIVe3D · Tagged with , ,

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!

You must be logged in to post a comment.