FIVe3Dで画像を扱う | wszz

FIVe3Dで画像を扱う

FIVe3Dで画像を扱うのもこれまた簡単です。

This movie requires Flash Player 9

まずはライブラリに画像を読み込んでBitmapDataクラスに設定しておく。
ココではGazoという名前で設定。

private function test3d2():void {
	scene = new Scene3D();
	scene.x = stage.stageWidth >> 1;
	scene.y = stage.stageHeight >> 1;
	addChild(scene);
	var panel:Sprite3D = new Sprite3D();
	var gazo:Bitmap3D = new Bitmap3D(new Gazo(0, 0));
	gazo.x = -100;
	gazo.y = -100;
	panel.addChild(gazo);
	panel.addEventListener(MouseEvent.CLICK , panelClick);
	scene.addChild(panel);
}

コレだけで簡単に画像も3D的扱いが出来ますねー。

ビットマップの扱い
・2Dの場合はBitmapにBitmapDataを設定して表示する。
・3Dの場合はBitmap3DにBitmapDataを設定して表示する。

クラス名が違う以外、同じように扱えてとっつきやすく、良く考えられたライブラリです。

Filed under AS3, FIVe3D · Tagged with , ,

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!

You must be logged in to post a comment.